横濱怪獣哀歌

横濱怪獣哀歌

照和五十四年。 怪獣は貴重な資源であり、文明を担うエネルギーであり、良き隣人である。 怪獣共々物質を滅する異形の存在、光の巨人の出現に怯えながらも、人々と怪獣は逞しく生きている。 そんな怪獣達の声を聞き取れる青年と少女怪獣と、港町に住む人々が繰り広げる、特撮風味ノスタルジーSF。 L・C・ムーア「シャンブロウ」に着想を得た作品。

照和五十四年。 怪獣は貴重な資源であり、文明を担うエネルギーであり、良き隣人である。 怪獣共々物質を滅する異形の存在、光の巨人の出現に怯えながらも、人々と怪獣は逞しく生きている。 そんな怪獣達の声を聞き取れる青年と少女怪獣と、港町に住む人々が繰り広げる、特撮風味ノスタルジーSF。 L・C・ムーア「シャンブロウ」に着想を得た作品。